歯周病を治して血糖値を改善

歯周病と糖尿病の深い関係

歯周病と糖尿病には深い関係があることが、最近の研究により分かりました。

 

歯周病は細菌が集まってできる歯垢が原因となって炎症の起きている状態です。

 

この歯垢によって引き起こされる炎症が、血糖値を調整するホルモンであるインスリンの働きを低下させ、結果として血糖値コントロールを困難にしていることが分かったのです。

 

それで、もし歯周病にかかっているなら早めに歯科で治療を受けましょう。

 

歯周病は自覚症状が少ないので気づきにくい病気ですが、以下のような特徴で見分けることができます。
・歯を磨くと血が出る
・口臭が気になる
・硬いものが噛みにくい
・歯茎が白っぽい
・口の中が粘々する

 

このような症状を感じたら一度歯医者で検査を受けておきましょう。

 

歯周病は糖尿病の合併症のひとつ

歯周病によって血糖値が上がりやすくなることはすでに述べた通りですが、逆に糖尿病が進行すると合併症として歯周病が悪化しやすくなります。

 

それで血糖値が高い人は、日ごろから歯周病予防もしっかりと意識して行なっていかなくてはなりません。

 

歯茎が弱くなる原因としては、タンパク質の不足が挙げられます。

 

糖質は控えめにしますが、肉・魚・大豆などのタンパク質やビタミン・ミネラルなどの微量栄養素はしっかりと摂取しましょう。

 

また歯医者さんで歯垢を定期的に取ってもらいましょう。

 

歯磨きは歯と歯茎の間の歯垢を除くようにゆっくりと時間をかけてブラッシングしましょう。

 

お茶に含まれるカテキンは歯の消毒効果がありますから、お茶で歯をゆすぐのを習慣にするのも良い方法です。