しらたきを使ったかさ増し料理

麺類のかさ増しにしらたきを利用

お皿に盛ったしらたき

 

血糖値を下げるために、全体の食事量を減らすというのもひとつの方法ですが、それでは満足感がなくて続かないと感じる方も少なくありません。

 

そこで、糖質の多い食材を糖質の少ない食材で置き換えて、かさ増しするというがあります。

 

ご飯であれば、枝豆を使ってかさ増しする方法があります。関連記事:ご飯を枝豆でかさ増しする

 

一方、焼きそばやラーメンなどの麺類が食べたいという時もあると思います。

 

そこで活躍するのが白滝です。

 

しらたき(こんにゃく)のカロリーはゼロに近いので、結構な量を食べても太りませんし、血糖値も上がりません。

 

また、こんにゃくの成分であるグルコマンナンという食物繊維には、糖質を吸着して排出する作用があります。

 

なので、料理にこんにゃくを多用するのは、血糖値を下げるのに役立つワケです。

 

例えば、焼きそばであれば、麺と白滝を半々にして作ることができます。

 

通常であれば、焼きそば一皿分の麺のカロリーは300kcal弱ですが、麺を半分してしらたきでかさ増しすることで、150kcal程度に抑えることができます。

 

トータルでも、一皿300kcalぐらいに抑えられます。

 

麺類だけでなく、様々なおかずのかさ増しに利用できますから、いろいろ試してみましょう。

 

ただ、白滝は独特のにおいがありますから、良く洗って水切りして使うと良いようです。