血糖値を下げるサプリメント

知っておきたいサプリメントの2つのタイプ

「血糖値が気になる方」のためのサプリメントも様々な種類のものがありますから、どれがいいのか迷いますよね。

 

まず知っておきたいのは、血糖値を下げるのに役立つサプリメントには、2種類のタイプのものがあるということです。

 

その違いを知っておくだけも、上手に使いわけができますし、効果を倍増させることさえできます。

 

では、血糖値対策サプリメントの2つのタイプについて違いをみていきましょう。

 

吸収抑制タイプと燃焼タイプ

 

血糖値対策サプリメントの2つのタイプとは、吸収抑制タイプと燃焼タイプです。

 

それぞれのメリットとデメリットついて取り上げます。

 

(1)吸収抑制タイプ

 

現在販売されている血糖値対策サプリメントのほとんどはこのタイプに分類されます。

 

これらのサプリは、粒状か液体かというかたちの違いはありますが、「難消化性デキストリン」という食物繊維の一種が配合されています。

 

食事の時は野菜から先に食べると血糖値が上がりにくいと言われますが、これは野菜の食物繊維の働きで糖の吸収が抑えられるためです。

 

同じ原理で、食物繊維の仲間である「難消化性デキストリン」の含まれたサプリメントを食前に摂取しておくことで、血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。

 

このタイプのサプリは、例えば外食が多くてメニューに食物繊維の豊富な食材を含めにくいというような方には向いています。

 

ただし、毎食前に飲むのは結構面倒な面があります。

 

また日ごろから野菜を多く食べるなど食事メニューに気をつけている方にとっては、サプリによる効果は薄いものとなる可能性があります。

 

(2)燃焼タイプ

 

燃焼タイプのサプリメントは、吸収抑制タイプとは全く逆の発想でつくられています。

 

このタイプは、一度吸収した糖の燃焼を促すことで血糖値を下げるように働きかけます。

 

燃焼タイプのサプリメントとして注目を集めているのは、テレビや雑誌で話題の「アラプラス 糖ダウン」です。

 

このサプリはALA(アラ)という糖のエネルギー代謝に作用するアミノ酸が配合されています。

 

既に吸収された糖の燃焼を促すので、食事ごとに飲む必要はなく、1日1回の摂取でOKです。

 

食事に気をつけている方にとっても、さらなる血糖値の改善を期待できますし、吸収抑制タイプのサプリメントと併用すれば、相乗効果も期待できます。