亜鉛が血糖値を下げる

亜鉛はインスリンの原料となる

亜鉛を多く摂取することは、血糖値を下げるのに役立ちます。

 

というのも、血糖値を調節するためのインスリンというホルモンは、亜鉛を原料としてつくられるからです。

 

体内で亜鉛が不足していると、インスリンの分泌が低下し、細胞に取り込めなくなったブドウ糖が血液中にあまって高血糖になります。

 

また亜鉛は本来、腎臓や目や筋肉に多く含まれていますが、亜鉛が不足してしまうと、それらの部位に合併症が生じやすくなるのです。

 

ですから、血糖値を下げるためにも、糖尿病の合併症を予防する上でも亜鉛は十分に補給しておかなくてはなりません。

 

不足しやすい亜鉛を補う

成人に必要な亜鉛の摂取量は、1日当たり12〜13mgと言われていますが、調査によれば実際には1日7.6mgぐらいしか取れていないというデータもあります。

 

そのようにただでさえ不足しがちな亜鉛ですから、特に血糖値が高めの時は意識してや補ってあげる必要があります。

 

亜鉛を豊富に含む食べ物としては、牡蠣が代表的です。

 

他にも、豚レバーや牛肉、卵黄などにも多く含まれています。

 

また亜鉛を欠かさずにしっかりと補給したいと場合には、サプリメントもお勧めです。

 

食材の中でも飛びぬけて亜鉛を多く含むのが牡蠣ですが、以下のサプリメントは国内産の牡蠣を1袋に約155個も使用して製造されています。

 

亜鉛のサプリメントおすすめサイト

 

公式サイトでは、購入者の体験談もたくさん掲載されていますから、ご参考にしてください。

 

亜鉛たっぷりサプリの公式サイトはこちらへ